--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
次回のイベント参加は、
11月9日 第7回文学フリマを予定しています。
。。。受かればの話ですが。

長崎の会は11月16日 COMITIA86での活動になります(委託あり)。

今問題になっている労働問題に触れるような小説を新刊として出します。
とはいえ、あまり小難しくないものを目指していきます。
昨日、復帰2戦目となるCOMITIAに参加してきました。

今回は売り子に長崎の会会長の赤木さんが入ってくださったので、大分助かりました。売上も前回より増えました。ありがとうございます。
まずは常連客を作っていくことを目標に頑張っていきたいと思います。来年は文学フリマの参加も考えようと思います。

イベント後は赤木さんと赤木さんの後輩のK氏と新橋の天狗で4時間ほど飲みながら文芸について語り合い、美味しいお酒を頂きました。
サークル「Siglo XX」はCOMITIA84に当選しました。
スペースは、東4ホール ぬ19bになります。

新刊は、「Siglo XX Numero.2」200円(36P程度)です。
グルジア革命の小説「トビリシの丘」を掲載します。どうぞお立ち寄りください。
Siglo XXの次回サークル参加は、2008年5月5日に行われますCOMITIA84としました。
昨日、申込を完了しました。

新刊はグルジアのバラ革命を題材にした歴史小説になる予定です。
どうぞ、宜しくお願いいたします。
去年11月のコミティアで出したSiglo XX創刊号に掲載の「神乃道」が、
文藝春秋社発行の月刊雑誌「文学界」三月号の同人雑誌評に取り上げられました。

全体的に厳しい批評でしたが、プロの先生に作品を批評をもらえたのは大きな収穫でした。
これを糧に次はもっとましな作品を書けるように、頑張ります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。